MIGUのスペインまったり生活回想記

<< Raciscmo(人種差別) | TOP | VIEJO VERDE (緑の老人)はお好き? >>
長男の嫁 vs.長女の婿
何故この話題になったのかは思い出せない。

私の祖母は91歳。ダンナの祖母は92歳。
スペインも日本に劣らず長寿国だ。そして、家族が面倒を見るのが一般的。
こういうところでも、日本人とスペイン人の感覚って似ているなと思う。

もはや少子化で、長男の嫁、なんて言ってられないかもしれないが、結婚の際にこれが気になる日本人女性はまだまだいると思う。

「日本じゃ、長男が両親の面倒を見ることになっているのよ。」と言うと、
「へ〜、スペインは長女とは限らないけど、娘が面倒を見るよ」とダンナ。

(やっぱりそうか。)ダンナの母親は長女で、最近までおばあちゃんと住んでいた。今は次女と住んでいる。長男(ダンナの伯父)は、奥さんの母親と住んでいる。

「スペイン式のほうがいいよね。日本じゃ嫁姑問題がドラマのテーマによくなってるよ。
夫は嫁と母親の板ばさみで、家にいるのがいやになって、一人でその辺に出かけるのよ。」

「なんだ、スペインと同じじゃないか。スペインは夫と嫁の母が喧嘩するんだ。で、夫はPeña(※)に行くんだ。日本とこんな共通点があるなんて知らなかったよ〜。」


(あ〜そうだったのか。)サッカー観戦したり、おしゃべりをしたりすることもPeñaに行く理由になっているだろうけど、この動機は知らなかった。

「でも、やっぱりスペインの方がいいよね。外出した後に残されるのは、母と娘でしょ。
平和が戻るもん。日本は姑と嫁が残されるから、全く解決にならないよ。男は仕事で家にいる時間も少ないし、専業主婦と姑なんて24時間一緒にいなきゃいけないんだよ。日常の世話だって、身内の方がやりやすいし。世話される方だって、身内の方が気兼ねしないよね。」

「そうだね。じゃあ、日本もこれからは娘と住もう、って提案したら?」


って訳で、提案します。

同居は息子とではなく、娘としよう!

長女の婿、の貰い手がなくなるかもね?

ちなみに、私は長男の嫁であり、長女でもあります。
今のところ、姑とは仲良くやってます。。。


(※)Peña(ペニャ)…決まった活動をする為に集まる娯楽性のある
           グループ、もしくは会。
           実際は、飲んで、サッカー観戦したりドミノを
           したりするおやじの集まり。たまり場。


<お知らせ>

スウェードのフラメンコシューズを入荷しました!
革が柔らかく、足の痛みでお悩みの方にも最適です。
既にご購入頂いた方からも、大好評です。
よろしくお願い致します。 
ショップはこちらです。
          
12:55 | その他 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんにちは。
面白いですね!子供の世話を考えても、奥さんの実家に住む方がダンゼン合理的で精神的にもいいですよね。

でも実際のところ、自分の実家にダンナと住むのはちょっと、、、。親とダンナの両方に気を使って疲れるんです。どっちの親とも、私に同居はムリです、、、。
2008/09/02 8:20 PM by Timo
Timoさん、こんにちは。

わかります〜。私も3ヶ月ほど経験あります。
介護が要らないうちは、私もムリです、、、。
2008/09/03 11:35 PM by MIGU
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/889021
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--