MIGUのスペインまったり生活回想記

<< スペイン語が持つ効果 | TOP | La hora del desayuno(朝食の時間) >>
サマータイム
スペインの夏はすごい。

何がすごいって夜の10時まで明るい。
夕飯が午後10時、11時ってのはざらだ。レストランも11時くらいから込みだしたりする。

夜の12時をまわっても、Heladeria(アイスクリーム屋)は食後の家族連れで
いっぱいだ。赤ちゃんもベビーカーで参加しているからびっくり。
Feria(お祭り)の花火の開始も12時。勿論子供も参加。

みんな宵っ張りだなあと思っていたけれど、やっぱり辛い人もいた。
朝は必ず7時ごろ目が覚めるので、夜の10時、11時はもう眠くなると。
それなのに、その時間に夕食だから夏は体調が崩れると言っていた。
スペイン人も、みんながみんな宵っ張りって訳じゃなさそうだ。

日が長いから、一日がいつまでたっても終わらない。
日中の日差しはきついから、夕方6時くらいからビーチに行くこともあった。
いろんなことができるし、なんだか得した気分。


ところで、最近日本でもサマータイムを取り入れるかどうか議論がなされていますが、いろいろ問題もありそうですね。

23:21 | スペイン生活 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
私はサマータイム賛成派です。「得した気分になる」気持ち、とってもわかります。開放的になる→外にいる時間が長くなる→お金を使う、と経済効果はあるはずです(笑)。
でも私は10時過ぎから夕飯を食べる気にはならないな〜。
2008/06/25 3:02 PM by Timo
私は夏のヨーロッパ未体験なんですが、今年の1月に南半球で同じように10時くらいまで明るい夜を体験してきました。

向こうは紫外線が尋常ではなく強いので、子供は夕方5時くらいからプールや遊びに出ます。

日本で5時ったら「夕飯だから帰ってきなさーい」でしょー!!とか思ってしまいますよね。

なんだか羨ましいなあ(笑)。


2008/06/25 8:02 PM by オカメ
Timoさん、オカメさん、コメントありがとうございます。

私も勿論、賛成派です。

Timoさんのおっしゃる通り、経済効果もあるでしょうし、大人にとっても子供にとっても夏がもっと楽しくなると思います…と楽しむことばかり考えているMIGUです(笑)

反対意見の中に、サービス残業、長時間労働になりかねないとありますが、そういう労働の体質に問題があるのであって、別問題として対処する必要があると思いますね〜。

あとは、塾の時間数とかが長くなったりしたら悲しいですけど…日本だったらありえるかもしれないですね。

Timoさん、私も10時の夕食は嫌なんですけど、スペイン人は2〜3時に昼食、5〜6時におやつなんですよ〜(>_<)

2008/06/26 2:32 PM by MIGU
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/829306
トラックバック

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--