MIGUのスペインまったり生活回想記

<< Si o No? | TOP | 美人の条件 >>
スペイン人はアイロン好きか?
日本の主婦にとって、嫌いな家事の1位は「アイロンかけ」だそうだ。

スペインの主婦は、シャツ、ブラウスは当然のことながら、シーツ、Tシャツ、さらに下着までとあらゆるものにアイロンをかけている。やっぱりスペイン人っておしゃれだなーと思う。そんなに高級なものでなくても、ピシッとアイロンがかかっていると、素敵な服に見えたりする。
だから、スペイン人ってアイロン好きなんや、と思っていた。


一緒に働いていたAliciaもそうだった。

「私アイロンがけ大好きなの。かけられるものには全部かけるわよ。靴下もパンツも全部。ブラジャーにもアイロンがかけられるんだったらかけたいくらいよ。」

なんて言うので、

「すごいねー。で、アイロンをかけたパンツと、かけてないパンツは履き心地が違うの?(ニヤリ)」

と突っ込んだら

「そりゃー違うわよ(ニヤリ)」

と満面の笑みで答えてくれた。
だから、やっぱりスペイン人ってアイロン好きなんや、と思っていた。


義母は、国内旅行に旅行用アイロンを持参していた。私は、皺になりにくい服を選ぶ。その点で既に違っている。


ところが「『アイロンがけが苦痛である』、そんな主婦の声が多いのでアイロンサービスというお店を始めた」というスペインの新聞の記事を見たので驚いた。みんな好きで何もかもにアイロンをかけているのだと思っていた。
利用者は、一人暮らしの男性、高齢者、病弱でアイロンがけができないような人が多いらしい。主婦にとって、お金を出してまでという人はまだ少ないみたいだ。

嫌いで当然だ、スペインのアイロンかけは本当に重労働なのだ。
でも、くしゃくしゃの服で出かけることはもっと恥ずかしいのだろう。愛する旦那や息子にくしゃくしゃの服を着せることは、Maruja(主婦)にとって許されない行為なのだろう。

日本のアイロンかけは重労働だろうか?
嫌いな理由は、「場所がない」「うまくかけられない」「きりがない」等。


で、私はどうかといいますと…
ワイシャツ等、簡単にかけられるものはそんなに嫌いじゃない。でも、スーツのパンツとかは、腰周りがきれいにかけられなくて、こんなもんでいいか、と妥協するのでどうも満足感がない。
新婚当時はスペイン人のまねをして、シーツやコットンのカットソーなどにもかけたりしていたが、すぐに面倒になって、都合よく「私は日本人なんだかいいや」と開き直ってしまった。
上手にアイロンをかけられるコツがありましたら、是非ご指導ください!

追加:折り目のついたTシャツって逆にかっこ悪いと思うんですけど、どう思います?


12:48 | スペイン人 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
この記事は考えさせられました
Tシャツのしわについて考えたこともありませんでしたが、言われてみたら確かにそうですよねぇ…
広い家だと、アイロン専用部屋があったりするとも聞きますが、日本じゃいくら家事好き奥様でも「エーッ!」と言うでしょうね…

かくいう私も実は家事キライの一人ですが、アイロンあては最近週1のペースでやっています
私のシャツが多いからパートナーのもついでに、なんですが(彼は人に会う仕事をしているのに、どうも無頓着なところがあります)
やっぱり気分が違います

あとは、シワがつかないような収納方法を編み出すだけです(笑)
2009/03/21 12:55 PM by soleil
>soleilさん
普通の3LDKでしたが、子供ができるまでは一部屋をアイロン部屋?にしていました。床に服を置く事ができないので、服を置けるシングルベッドのあるその部屋が便利だっただけなんですが(笑)
他の土地では知りませんが、結婚と同時に家を買う人が多いので、最初は広いということになりますね。旦那は、結婚するには,金∋纏2箸必要だと言っていました。だからスペイン人はかなり晩婚ですね。一人暮らし率も少ないです。

シワがつかない収納方法・・・確かに。
アイロンしたはいいけれど、クローゼットがパンパンでもう一度シワになっているかも(焦)
2009/03/24 12:26 AM by MIGU
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--