MIGUのスペインまったり生活回想記

<< 始動 | TOP | 留年 >>
なに人?
 

あっという間に2月。


先日、大阪で雪も舞った中、チビはマラソン大会。見てるほうも寒かった。足の指に感覚がなくなって、じんじんしてきて、こんなの小学校以来かも。


当日の朝、「ママもパパも来ないで。」と言う。


「え〜、行くよ。じゃ、変装して行くから。(冗談)」


「来てもいいけど1分で帰って。」とも。


「じゃあ、こそっと見とくから。」と言って、出勤前のダンナと一緒に見に行った。




私自身、親が来たら恥ずかしいと思ったのは高学年になってからだったような気がする。小1のチビにこう言われるとやっぱり寂しい。成長の証なのか…

それとも…



パパに来てほしくなかったけど、パパだけ来ないでと言うのは嫌だからママもとなったのかも。


半年ほど前、チビの将棋大会を覗きに行った時、「なんで来たん?」と言わんばかりの顔をされたとダンナは落ち込んでいた。それを後でチビにそれとなく聞いたのだが無言。


パパのことは大好きなんだけど、パパは来て欲しくない。パパは外国人だから。パパは目立つから…


その気持ちを私にさえも言ってはいけないと思っているのだろう。






先日、学校帰りにマイ母が見ていた光景。


「なに人なん?」(2年生)


「日本人。」


「パパはなに人?」


「スペイン人。」


「じゃあスペイン語喋れるの?」


「少し。」


チビは、赤目になってもう少しで泣きそうになっていたらしい。


本人は、そんな事は一言も言わない。






お風呂で聞いてみた。


「学校で嫌な事言わたりしない?」


「ないよ。」


「こないだ、帰り道になに人って聞かれたん?」


「あーあれか。忘れてた。そんなん、どうでもいいねん。」


「そうよな。気にしんときな。ママだって、チビが小さくて話せない時は、『ハーフですかぁ?』とか、今でもだけど『旦那さんはなに人ですかぁ?』『旦那さんとはどこで知り合ったの?』ってみんなに聞かれて嫌になることもあるわ。」


フォローになってないような気もしたけど, まあ本当の話。


クラスではもうそんな事言われないし、みんなと仲良くしているし、楽しいし、他の所では言われて嫌だけど、諦めているのかもしれない。


たくましくなったのかな。


私たちの知らない所で、もっともっと色々言われているんだろうなと思う。


そして、これからも言われ続けるんだろう。





私は大人だから、みんな興味あるんやな、ってわかる。悪気がないのもわかる。わかるから、またか、と思う時もあるけど返事する。逆に、自分だって他にそういう人がいたら、聞いてしまうかもしれない。(馴れ初めまでは聞かないけど。)


でもチビはそんなことはまだわからない。


「目が大きいね」って度々言われることも、またか、と思うらしい。


チビにとっては褒め言葉でも何でもない。大きいのがいいという観念もない。


「違う」という判を押されているだけにすぎない。


自分はみんなと同じだと思っているのに…




以前のブログで紹介したこちらのページを久々に読んでみた。


・自分がナニ人か、というハーフ特有の思春期の悩みがある。どちらの国にいても、その国の人に見られない。

・日本語を話すと驚かれる。変な顔をされる。

・英語話せる?と聞かれる。

・道で知らない人にハローと言われる。

・日本語わかりますかと聞かれる。

・父親に会ったことがないのに、お父さん似だねと言われる。

・いつも同じ質問をされて、いつまでこの質問に答えなければならないのかと思う。


あるある、と思うことばかり。



この参観日の思い出のコラムを読む度涙が出ます。

もし興味があれば、読んでみてください。


ハーフっていいことばかりじゃない…




00:56 | 日々 | comments(11) | - | - | - |
コメント
MIGUさん、こんにちは
こう言っては失礼ですが、息子さん、仮にスペインにいたとしても同じ質問を受けたでしょうね
今TVでベッキーやウエンツ、加藤ローサに道端三姉妹のようなタレントが多く出演していますが、やはり一度や二度は肌の色や容姿のことを言われたでしょう
私の田舎はロシア人がよく来ていたので金髪に青い瞳は見慣れていましたが、やはりさびれた田舎では目立ちましたしジロジロ見られていましたよ
悪い意味では全くなかったでしょうが、いいものではありませんね

でも息子さんは、きっと可愛いお顔立ちなんでしょうね
私のように頭でっかちになっている不勉強な人間には、こういうお話はとても考えさせられるものです
書くことをためらわれたのでは…とか、さまざまな思いを抱いておいでだと思います

まとまりなくてすいません
2012/02/06 4:51 PM by caorita
>caoritaさん

コメントありがとうございます。
そうですね、きっとスペインでしたら、お母さんはchina(東洋人)なの?と言われると思います。でもスペインも最近は移民が多く、日本に比べると人種も入れ混じっていますし、そう目立つこともないかもしれません。また、「みんなと違う」と思うことも少ないかもしれません。日本では特に「同じ」という事をとても大事にする傾向がありますよね。

私自身、小学生の頃から帰国子女に憧れていたくらいですから、皆さんが持たれる興味もよくわかります。ただ、私も夫も「ハーフ」ではありませんので、子供の感じる事を理解して受け止めなければと思っています。
2012/02/07 10:17 PM by migu
こんばんは。
リンクの参観日のエピ、なんか切ないですね。

ちょっと違うかもしれませんが、私の小学校は公立なのに標準服という制服と制カバン(リュック)がありました。

入学のとき、洋裁のできる母がその服を作ってくれたのですが、色が市販のものより明るい紺で裏地に水玉がついていました。

それをみた同級生に「皆と違うの着てるのはアカンねんで」と言われたことが嫌で嫌で、中学入学のときも、母がセーラー服を作るというのを「絶対嫌」と突っぱねました。

ランドセルも叔父が牛革のを贈ってくれましたが、皆と同じリュックがいいと返品してもらいました。

7歳やそこらで、周囲と違うことがまるで悪いことのように思ってたってことですかね。

今のように「個性的であること」が良しと言われることがない社会だったし、子供って周囲の空気を敏感に読みますからね〜。

あと、うちは母子家庭で、そのことで嫌な思いもしましたが、やっぱり母親には言えませんでした。

でも、親がいついかなるときも自分を全肯定してくれてるのを肌で感じられてれば、ダイジョーブだと思います。この結論、かなり自信あります(笑)。

だらだらスミマセン。
2012/02/07 10:55 PM by オカメインコ
>オカメインコさん

自信あるありがたいお言葉、心にインプットしておきます!ありがとうございます。

私もありましたね。母が作った給食エプロンの白が、同じ白でも微妙にみんなの既製品と違っていたのが気になったりしました。

7歳でも違うのは気になるでしょうね。特に女の子はそうじゃないでしょうか。幼稚園時代でも、女の子はみんなが持っているのと同じがいいとか、仲がいい子は同じ物で色違いを買ったりとか聞きました。誰がどんなのを持っているかとか、子供はよく見て覚えていますね。男の子は女の子ほどは気にしないみたいです。(うちの子だけかもしれませんが。)こっちが気を使いすぎて、「なんでもいいねん。ママ気にしすぎ。」とか言われることも(^_^;)


2012/02/08 6:43 PM by migu
こんにちは〜(^-^)
私の息子は、中国人(夫)とのハーフなので、見た目は全然分かりません。でも、まわりの子は「パパが中国人」と知っているので(知らない子もいるが)、興味本位に「お父さん何ジン?」とか「中国語話せるん?喋って!」とか言われたりするみたいです。

学校の先生にも、「時々息子さんは、お父さんの事で何か言われている事があるようですけど、本人なりに、気持ちの整理をしているようです。」と言われた事があります。

私が息子に言ったのは、
「パパが中国人である事に誇りを持ちなさい。”誇りを持つ”ということは、”自信を持つ”という事。

あなたが他の日本人の子たちと”違う”という事に誇りを持ちなさい。堂々としていなさい。それはすごい事なんだよ。あなたが中国語もできる、という事はすごい事なんだよ。

ママはパパを愛している。パパが中国人で本当に良かったと思っている。パパが中国人という事が、ママの自慢。

だから、あなたも自分のパパが中国人である事を自慢するくらいでいなさい。」

と言いましたよ(^-^)
2012/02/11 5:50 PM by こたん
>こたんさん

こんにちは〜(*^_^*)

うちの夫は、こたんさんのご主人よりも見かけ「外国人」だと思いますが、私自身、夫が外国人という意識があまりありません。夫がスペイン人だということは自慢でもないし、逆にスペイン人でなかったら…と思うこともないですね。好きで、一生一緒ににいたいと思ったからパパと結婚したんだと言いました。その人がたまたまスペイン人だっただけ。
なので、もし国際結婚に憧れている人がいたら、お薦めはしないですね。どちらかの家族や友達とは離れることになるし、帰省にお金も時間もかかりますから。

こたんさんのおっしゃる通り、昨晩「スペイン語ができることはすごいことなんやで。」と言うと、「スペイン語ができても何も役に立てへんやん。」と。「そんなことない、スペイン語を使ってママみたいに仕事できるし、スペイン人だけじゃなくてペルー人でも、アルゼンチン人でもキューバ人でも…沢山の人とお友達にもなれるし、困っていたら通訳してあげられる。外国に行ったことのないお友達はいっぱいいるんやで。」と伝えると何か感じてくれたみたいでした。
色々な国、文化があることを小さい時から知っているということは、視野も広がりますし、そういう点ではメリットかも知れませんね^^

2012/02/13 12:12 AM by migu
MIGUさんへ
ペリーヌでもそうでしたけど(笑)、どんな言葉であれ「できる」という事はすごい事ですよ(^-^) それをママが自信を持って言ってあげたらいいと私は信じています。

私もMIGUさんと同じで、夫を「外国人」と意識した事はないんですよ。私にとって、中国語は日本語と同じなんです(違和感が無いという意味で)。

でも、確かにスペインに帰省って、すっごいお金掛かりますよね(^^; 私の友人はご主人がペルー人で、子供さんが3人。まだ結婚してから一度もペルーへは行ったことが無いそうで、これからも行くのは難しいと・・・。5人一緒にペルーへ行くなんて、どれだけお金が掛かるか・・・。

そういう意味では、中国はまだましかも・・・(それでも家族で帰省するのに20万円以上は掛かりますからね)。

ただ、「言語」に関するメリットは、大きくなるに従って本人が感じてくれるはずです。英語と違って、中国語は周囲に分かる人が誰もいない。そういう点で、現時点では子供たちはメリットが感じられないかもしれません。でも、大学受験の頃になれば、絶対にそのメリットは感じられるはずです。外国語は英語以外にも5カ国語を選択できますよね。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、中国語。絶対に有利!

スペイン語を話す人口も世界では非常に多いですよね。息子さんが大きくなるにつれ、絶対に「スペイン語ができて良かった」と思えていくと思います。

それこそ「ペリーヌ物語」ですよ(笑)。「言葉ができたら、仕事ができる。それで生きていけるよ。すっごい役に立つ、これ以上役に立つものは無いよ!」と言ってあげて下さい!
2012/02/13 8:31 PM by こたん
>こたんさん

そうですね。語学にしても、他のことでも「できる」ことが多いほうがいいですよね。何でもできて損な事はないですもんね^^
まだ子供のうちはメリットはわからないですけど、少しずつわかってくれたらいいなと思います。

ちなみに、大学入試(センター試験)で、スペイン語だけはないみたいです(涙)どちらにしても、私大の試験や2次試験の為に英語を勉強する必要はあるでしょうけど。
韓国語と中国語は、途中から追加されたのですね。スペイン語も追加されるといいのに…!


2012/02/15 1:30 PM by migu
(返信不要ですので)
私、勘違いしてましたね。申し訳ありません!西洋の言語はドイツ語とフランス語だけがセンター入試に入っているのでした・・・。あれだけスペイン語は話す人口が多いので、てっきり・・・。スペイン語はフランス語よりずっとメジャーな言語だと思います!
2012/02/15 11:24 PM by こたん
すみません、正直
【ハーフっていいなぁ】って思ってました(汗)
でも、それって日本人である自分が憧れていることであって
本人にとってはいろいろな思いがあるでしょうね。
うちの近所にも外人さんの家族がいて
子供さんが学校へ通ったりしてますが、
たぶん似たようなこともあると思うけど
仲の良い友達が
一緒にいることが普通で
何人、とか気にならないくらい遊んでて・・・。
えと、まとまりないけれど
そんな友達がいっぱい増えるといいですね。
2012/02/17 12:21 AM by えめみ
>えめみさん

正直なお気持ちをお聞かせ頂けて嬉しいです(*^_^*)
私も、子を持って初めてわかったことがいっぱいあります。先日遊びに来たスペイン住在のイタリア人も、うちの子のことを「ラッキーだよね」と言っていましたから、そう思うのは日本人だけではないみたいです。
日々、私よりスペイン語のリスニング力が勝ってきている息子が羨ましいと思うこともありますよ^^
逆に、遊びに来る息子の友達が難しい言葉を使ったりすると、日本語の語彙の面では、うちの子は足りない部分があるのではないかと思ったりもします。子は親の会話を聞いて学ぶことも多いですよね。
人間、どんな点でもメリットがあればデメリットもあるような気がします。もちろん努力でカバー出来る部分もありますが。誰でも自分にないものに憧れるのは自然なことだと思います。

今のところ、学校も楽しく通学してますし、お友達とも楽しく遊んでいます。このまま楽しく過ごしていってくれたらと思っています^^



2012/02/17 9:44 AM by migu
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--