MIGUのスペインまったり生活回想記

<< ふえご | TOP | 1ヶ月 >>
日本人の心
 

東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

また、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

お客様の中にも、被災地の方がいらっしゃいます。

一日でも早く落ち着いた生活ができ、以前のように楽しくフラメンコを踊って頂ける日が来ることを何よりも願っています。

 

 

今日で震災から12日目。

この間、関西では被害はないものの、震災や原発の事が頭から離れる事がありませんでした。もちろん今も。

ニュースで流れる映像と、あまりに平穏な日々とのギャップ。何事もなかったかのように過ごせている私達が同じ日本にいることさえ信じられず、義援金を送る以外どうすることもできずに、飛び交う膨大な情報の中で呆然としていました。

テレビ、新聞、ネット上の日本語の情報に加え、スペインのサイトを読んでいるダンナからの情報。

スペインの義父母や友人からの帰国を促すメール、そして、大使館からは帰国希望者対象に2機の飛行機を用意するとのメールまで届きました。

ダンナが私に遠慮していたらいけないと思い、念のため「帰りたかったらら言ってよ。」と言いましたが、「こんな時に逃げてどうする。」といつも通り仕事に行っています。

 

あまりに悲しくて、情けない事に日本人である私の方がネガティブにもなっていましたが、1週間を過ぎ、前向きに、そして謙虚に生活している被災者の方々を見て、何不自由なく暮らしていることを感謝し、今後の日本の為にも、自分にできる事をやっていかなければならないと思っています。

 

心から喜べない状態で、息子の卒園式も終わってしまいました。この子達が大人になった時、また多くの人が東北を訪れるよう、全ての日本人が謙虚な気持ちを忘れず、助け合って復興していくことを願います。

今回の地震で、日本の財産は、経済力でもテクノロジーでもなく、日本人の心だと気付きました。100年後も、200年後も、この心が続きますように・・・

 

 

 

01:29 | その他 | comments(2) | - | - | - |
コメント
こんにちは、ブログは終了しましたのでリンクは外しました
あまりのことに本当に言葉も出ません
同僚も住んでいる街が被災して半壊状態にあります
通話すらままなりません

不心得者も残念ながらいますが、日本人の助け合う精神は失われていませんでした
日本は必ず再び立ち上がります
2011/03/23 6:35 PM by soleil
>soleilさん

ブログ終了されたのですね。残念です。
先日久々におじゃましたら、見れなくなっていたので驚きました。
リンクははずされて頂きました。今までありがとうございました。

被災地でない所の灯油・ガソリン泥棒などを聞くと、悲しくなりますね。自分さえよければそれでいいのかと・・・
2011/03/23 10:52 PM by migu
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--