MIGUのスペインまったり生活回想記

<< フラメンコライプのお知らせ 2/6@十三(大阪) | TOP | COLEGIO! >>
スペインと日本の違い〜オチビ編
 

 昨年11月にスペインへ里帰りしたわけだが、私とチビは3年ぶり。3年前、チビはまだ3歳半だったので、かなり成長した。

 

そのチビの目から見た、スペインと日本(マラガと大阪)の違いとは?

 

   ・スペイン人はうるさい(声が大きい)

・男の人が、窓から腕を出して運転している

・6時に終わると言ったお茶(親戚の集まり)が、なぜか
8時に終わる

 

 

確かにスペイン人はうるさい。日本から遊びに来た友人に、「喧嘩してるわけじゃないよね?」と言われたこともある。また、ヨーロッパの紳士、淑女をイメージしていた別の友人は、バスでうるさいMARUJA(オバチャン)たちを見て、あの人たちはジプシーじゃないの?と。(ジプシーがうるさいってこともないですが。)アンダルシアのオバチャンたちは、関西のオバチャンに通じる所がある。

 

 

最近、日本で車の窓全開してる人ってあまり見ないかも。スペインも冬だし、マラガもそれなりに寒かったが、エアコンつけてる人より、コート着て窓開けてる人の方が多そう。

 

 

親戚一同が集まったお茶の開始は午後4時。もちろん全員はその時間に来ない。遅れてくる人あり、途中で帰る人あり、何でもあり。じゃあそろそろお開きにしよう、となってから、一人一人に挨拶、その挨拶が一言では終わらない。そのまま話し込む場合もある。帰りたい時間があるのなら、最低30分前には準備をしたほうがいいかも。

 

行く前に、「何時に帰るの〜?」と聞いてきたチビ。

 

6時くらいちゃう?

 

店を出て、「なんで6時に終わるって言ったのに、8時になったん?」

 

 それがスペインやん!

 

「そんなんいやや〜!」

 

すっかり日本式に、計画された時間の下で過ごしているチビには、制限のない時間の使い方に違和感があるのだろう。

 

 

でも私が想像していた以上に、スペインでの暮らしに馴染んで楽しんでいた。子供は環境に適応するのが早い。

 

日本でも日々ベタベタしてるから、みんなにハグハグされようと違和感なし。スペイン人はみんな子供が好きだからいくらでも遊んでくれる。

チビは、スペイン語を理解はできるものの、話す事は単語レベル。わからない事は、日本語でがんがん話し続けている。もちろん相手は何もわからないのだけど(笑)。それでもなんだかんだ楽しく、意思の疎通もそれなりにできていた。

 

行く前は、「スペイン行きたくな〜い!」と言っていたのに、帰りの飛行機で、次いつ行くの?と聞くと「一年生の夏」だとか。(そんな余裕ないけど)

 

ママも夏がいいわ〜☆ 冬に湯船に浸かれないのはキツイのよぉ・・・

12:03 | スペイン生活 | comments(4) | - | - | - |
コメント
いや、大阪の人間も普通に声大きいですよね(苦笑)
東京に行くと自分の声のボリュームは冷たい視線で自覚します、、、

でも、息子さんも行ってみてよかったですね
毎年はちょっとしんどいかな〜
2011/01/30 4:07 PM by soleil
>soleilさん

お返事遅くなりました。

確かに、大阪の人間は声大きいですね。
しかも、どこに行っても「ベタベタの大阪弁」で話しているからか、目立ちますね(^_^;)
学生時代、北海道でアホな事言いながら写真を撮っていたら「君たち、大阪の人だよね?」と言われたことがあります!
2011/02/04 12:15 AM by migu
私は北海道で「北陸から来た?」って言われました、、、やっぱりいなかの訛りって抜けないみたいですね〜

スペインの方って日本語でいう山の手言葉(標準語)みたいなものを使わないとマズイ、っていう雰囲気はあるんですか?
2011/02/13 1:18 AM by soleil
>soleilさん

私のスペイン語は、既にandaluz(アンダルシア訛り)で、語尾のsなしで話してしまうのですが、マドリッドでこの調子で喋って、何度かsをつけて繰り返されたことがあります。まるで先生に、正しい言葉を教えられている子供のように…
マズイってことはないでしょうけど、出身は明らかにばれますね!
2011/02/13 11:45 PM by migu
コメントする











10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--