MIGUのスペインまったり生活回想記

<< フラメンコライブのお知らせ 5/15@中津 | TOP | 家族のあり方 >>
再会&再開
 

MIGUさんはライブに出ないんですか?

 

と聞かれることがあるのだが、私がライブに出るとしたら、こちらがお金を払って見に来てもらわなければ!

 

私のフラメンコ歴なんて、せいぜい3、4年くらい。

日本ではまりにはまりまくっていた時期が2年位。スペイン人Maruja(おばちゃん)たちとのまったりフラメンコが1年半位。

 

スペインに暮らしているうちに、まわりに誰もフラメンコ好きがいなくなって、熱も冷めて、フラメンコの音楽さえ聴かなくなっていた。

テレビでは、いつでもスペイン人の踊りを見ることもできたけれど、見ることもなかった。

そういうものかも。

 

 

そして10年。@日本。

 

野外イベントでスペイン人の踊りと生演奏に心ときめき、冷めていた恋心に火をつけられた(笑)

まさに再会。


 

シューズを買ってくださる方から

 

「難しいけど楽しいんです。」

「振りが覚えられないんですけど、楽しいんです。」

「日常を忘れるんです。」

「落ち込んでばかりだけど、やっぱり好きなんです。」

 

と聞く度に、その恋心はさらに燃えて燃えて、1年後ついに扉を叩いてしまった。

 

 

そして、同じ苦痛と喜びを味わっている。

 

記憶力の低下:振りが覚えられない。覚えたつもりでも、帰りの電車でもう思い出せない

 

脳と身体の分離:頭で理解できても、身体が動かない。

 

(歳をとるってこういうことなのね・・・)

 

でも、若かった独身の頃とはまた違った意味で、とても楽しい。

限られた自分だけの時間。

 

そして、また踊れるということ。

 

先天性股関節脱臼で出生時に骨が外れていた私は、9ヶ月で手術をした。もちろん何も覚えてはいない。その後も、普通に運動していたし、体育系のクラブもしていたし、フラメンコもしていたし、何でも好きなことをしてきた。

それが、出産のせいか、平均より重いわが子を抱いていたせいか、出産1年後、何かおかしいと思っているうちに、5メートルも歩けなくなってしまった。

一時はどうなることかと思ったが、鍼に通い、整体に通い、春が来て子供が一人で歩くようになってくると徐々に良くなってきた。

今も、ヒールで長距離を歩くことはできない。でも、レッスンのせいで痛みが増すこともないし、足に筋肉がつくのは股関節痛にもいいことらしい。

 

 

 

先日、前回書いたライブに行ってきた。みなさん、かっこいい〜♪すてき〜♪

帰宅後も、酔いさまぬまま頭の中ではブレリアのリズムが・・・(結局は踊り以前に、ノリが好きなタイプ)

 

ちょっと鏡の前でやってみたら・・・

 

酔いも冷めた。(涙)

 

イメトレのなかでは、超かっこ良く踊れているのに・・・おかしい。

どうやら、私のイメトレでは別人が踊っているらしい。

 

ぼちぼちがんばろう・・・ふぅ。

 

10:54 | フラメンコ | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする











06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--