MIGUのスペインまったり生活回想記

<< 発表会のご案内 | TOP | フラメンコライブのお知らせ 5/15@中津 >>
Lo sientoの言葉の重み
 

某子供向け教材のDMに『おうちの人とのおやくそくを書きましょう』という紙が入っていた。

 

「ねえ、ママ。何書いたらいい〜?」

 

と聞くので、

 

「じゃあ、『食べている時は歩かない』。」

 

(素直に書いている)

 

「早寝早起き」

 

(これも素直に)

 

「すぐに泣かない」

 

(これまた素直に)

 

 

「ごめんなさいを言える」

 

「いやっ」

 

「え?」

 

「だって、悪いことしたら謝らないと」

 

「いやっ!」

 

「ママだって謝ってるやんか。」

 

「じゃあ、ママだけ謝って」

 

(なんでや!)

 

 

 

我が家のチビ、「ごめんなさい」を言うのが本当に嫌みたい。

 

スペイン人の血か・・・

 

 

そういや、ダンナの口から“Lo siento”という言葉を聞いたことがない。


 

sinetosentir(申し訳なく思う、残念に思う)の一人称。

 

申し訳ありません、という意味の“Lo siento”をスペイン人に言われたことは皆無。

 

残念です、という意味では、“Lo siento. Ya se ha agotado.”(残念ですが、売り切れました)、のようには使うが、謝罪の気持ちがなく単に残念でしたという意味合いが強い。

誘われて、“Lo siento. Hoy no puedo ir.”(残念だけど、今日は行けないわ。)といった場合も、謝罪ではなく都合が悪いという事。

 

ちなみに、足を踏んだ、ぶつかった、という場合、道を空けてもらう場合、ウェイターなどを呼ぶ場合、道を聞く場合などには、“PerdónPerdone.”Perdona.”を使う。

軽い謝罪にも、これらを使っていることが多い。

 

英語の、I’m sorry.Excuse me.の違いとほぼ同じか?(英語は苦手です。)

 

 

問題は、謝罪の言葉の差ではない。

100%自分に非がなければ、Lo siento.とは言わない。

 

例えば・・・

 

     荷物が届かないと仕入先にクレーム→配送業者に問い合わせるとは言ってくれるが、自分のせいではないから謝らない。

 

     商品に欠陥あり→修理するから持ってきてと言われる。謝りの言葉はない。

 

     商品について聞く→今日は担当者がいないのでわからない。自分は新人なのでわからない。でも謝らない。

 

日本人は、とにかく誠意を見せろといった所があって、お詫びの言葉を聞けば納得する人も多い。言い訳などすると、「言い訳するな!とにかく謝れ!」と言われるかもしれない。連帯責任もあるので、自分に非がなくても、所属する会社や同僚に非があれば謝る。最近は、クレーマーなるものも多く、『感情のないお詫び』も多いのではないだろうか。(それもどうかと思うけど・・・)

 

スペイン人は、会社にいようと一人一人が全くの「個人」であって、協力してがんばろう!みたいなものがほとんど感じられない。引継ぎもあったもんじゃない。何かを早く終わらせよう!という時には、急に団結して驚くほど早く仕事が終っている時もあるが。(ちゃんと仕事がされているかどうかは別として・・・)

しかも、その日本でタブーな「excusa言い訳」が多い。しかも嘘八百だとすぐにばれるような嘘。

 

 

 

かつて、労働許可の申請か何かに行った時も、完璧!と思って書類をそろえて列にならび、2時間位待たされて書類を見てもらうと

 

「これはもう一部いります。」と言う。

 

「そんなこと、どこにも書いてないじゃないの!」と負けじと言い返すと

 

「あー、この書類(必要書類が記載してある紙)は悪い。」と。

 

唖然。

 

「誰が作ったんよ、この書類!!ここの人でしょ!」と言いたい所を我慢し、煮えくり返る感情を抑えて退散した。

 


対応した人は、自分が作った書類でないので悪いとも思っていない。勿論謝らない。

 

スペイン人もこういうスペイン人の対応に怒っているが、あまり改善されないのは、それを文句としては言うけど、改良しようという人がいないらしい。

 

 


ビジネス文書(メール)も、日本だと「申し訳ございません」「何卒ご了承下さい」の連発だけれど、スペインの取引先からそんな文面来たことないので、私も使わないようにしている。(大きな会社だと違うかもしれないが、その辺は不明)

 

 

とにかく、日本人はすぐに謝って、スペイン人はほとんど謝らないということは言える。

 

 

「すぐに謝るのって、日本人くらいなんかな?」とダンナに言うと

 

「英国人もやで。」と言う

 

これって、島国の特性なのだろうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

00:07 | スペイン人 | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
あ〜確かに謝りませんよね〜。

こないだの旅行でも、二日目に部屋のカードキーが開かなくなり、フロントに聞いたらまず返ってきた答えが「今夜の宿泊費払った?」

「そのパソコンに『未払い』と出たら、領収証持って来てやるから、まず調べたら?」と軽く切れ気味に言ったら「ああ、誰かが入力ミスしたみたいだね。ハハハ」だって。

ハハハじゃなくてまず「ごめん」だろ!と思ったけど、どうせ「自分のミスじゃない」と返ってくるのはわかってたんで、そのまま引き上げましたけど。

sorryも「ごめん」と「お気の毒」の意味があるんで、言い方によっては「ナニその他人事」と思うことがありますね。

日本語でも官僚なんかが「まことに遺憾で」とか言うのと似てますね。まったく「悪かった」っていう気持ちが感じられないって意味で。
2010/04/17 2:17 PM by オカメ
うわー、スペイン人ってアメリカ人みたいですね。いや、もしかしたらそれ以上かも。アメリカ人は一応「I'm sorry.」とは言うけれど、肩をすくめながらとか、明らかに悪いとは思っていない感じです。
英国人が日本人と似てるのは意外です!
2010/04/18 7:08 PM by Timo
あー…確かに、そうです
仕事でも、「すみませんが通関がまだ切れていなくて…」とこちらの過失でなくても「すみません」と言ってしまうんです
確かにそう言っておけば済む部分も多いんですけど…

でも、確かにそう言えたらどんなにスッキリするだろう!と思うこともしばしばありますよ
私は一切悪くないのに、なんで私が謝らなくちゃいけないんだ!!って叫びたくなることもしばしばです
組織ならではのつきものなんでしょうけれどね〜

でも、文句は言っても変えようとしないって日本と同じでは?
2010/04/18 7:35 PM by soleil
>オカメさん

官僚のせいで(?)、「遺憾」という言葉は使えば使うほど、その重みが減りますよね。

カードキー事件が起こったのは、もしかしてイ●●アのホテルですか?(笑)


>Timoさん

アメリカ人もそうなんですね。謙虚な態度は日本人の美徳ですけど、たまには横柄にならないとなめられますよね!


>soleilさん

確かに、「すみません」は日本人の口癖になっていますよね。
 
日本人も、文句を言う人は変えようとしないですかね。スペイン人は結構「あかんたれ」というか、「ええかっこしい」というか、マイナスのことを面と向かってあまり言わないんです。陰で文句言うのは多いけど。ま、クレームしようにもカスタマーサービスの番号は、有料でなかなかつながりませんけど(最悪)。
2010/04/19 1:02 AM by migu
スペイン人はほとんど謝らない・・・なるほど。

こういう、スペインに住んだ経験が無いと分からないような、スペイン人の内面に踏み込んだ文章はとても参考になるな〜と思いながらいついも読ませてもらってます。

ちなみに(たとえ本気じゃなくても)とりあえず謝罪してもらえれば多少は気が済むというのは確実にあるんじゃないかと思うのですが、そういうのは、色んな意味で周りの国とうまくやっていかなければいけない島国の人の知恵でもあるのかな・・・なんてことを考えました。
2010/04/19 9:50 AM by まさみ
>まさみさん

いつも読んで頂いて、ありがとうございます。嬉しいです^^

島国の知恵ですか・・・なるほど。英国のことはあまり知りませんが、比較してみると日本と似ている部分があるのかもしれませんね。
2010/04/19 4:06 PM by migu
管理者の承認待ちコメントです。
2010/04/19 9:40 PM by -
くー、まさにその通りです!

一度テーブルを配達してもらった時に中のガラスが割れていたことがあって(用心してサインは最後にしていたので良かったです)、それを伝えたら、そのおじちゃんが「Joder! Que putada!」と怒りだしたことがありました。
普通ガラスが割れていたら、お店の人というより運送業者でしょ・・・と思いましたが、そういう考えが毛頭ないんですね。
要は、「自分は間違っていない」っていう変な自信がある人が多いんだと思います。
そして、結局謝罪はありませんでした(^^;)

その反面、日本の謝罪はとにかく謝るということが多いので、こっちでお客が問題を起こした時に堂々と「もう来ないでほしい!」と言っている人を見ると、ちょっと心の中で拍手です☆

ただ、最近は親切な人にもいっぱい会いますし、ビザ関連の警察の対応がすごーく良くなったと思います。
(前は「移民が変な病気をまき散らすのよ」と面と向かって言われたことがありましたから。。。)
何にせよ、こうして外国暮らしをすると、自分を見つめる良い機会にもなりますよね。
2010/04/20 6:04 AM by Haruki
>Harukiさん

配達のおじちゃんの様子が目に浮かびます。「くそっ、これ持って帰らないとあかんのか!」みたいな(笑)

「移民が変な病気をまき散らすのよ」・・・ってひどいですね!マドリッドは、外国人が多いからそういう意見もあるんでしょうか。マラガは、数か少ないからか、東洋人はあまり「移民」としては見られていなかったような気がします。2000年以前は、アフリカ系の人もほとんど見かけませんでした。

親切という面では、みんな親切ですよね。日本人より親と思う面もたくさんあります。
サービスも、ユーロになってからは少しずつ良くなっているのでしょうか。

2010/04/20 4:04 PM by migu
ええ、ええ、中国人だって謝りませんよ。
「謝罪代行会社」というのができたくらいで・・・。
相手が男性なら女性を送り込み、相手が女性なら男性を送り込む、
そして謝るだけ・・・という謝罪代行をする会社。

「謝る」ということは自分の非を認めることで、
それは自分の立場を下げたり、面子をなくしたり
する行為なんでしょうね・・・中国人にとっては。

日本人は謝りすぎ・・・というのもありますけどね。
何でも「すみません」と言えば許されると思っているような・・・
2010/04/21 11:05 PM by こたん
>こたんさん

お返事遅くなりました。

「謝罪代行会社」って、さすが中国ですね。
何でもビジネスにしてしまう・・・!!
異性を送り込む所が心理作戦ですね。
妙に感心してしまいました。

スペイン人に限らず、自分の立場を下げるということをしない人のほうが多いのではないかと思います。「謙虚」とか「へりくだる」とかそういうことは、日本特有の美徳なのかなぁと思ったりしますね。

2010/04/24 12:26 AM by migu
はじめまして。
5月の終わりごろ、パックツアーでスペイン旅行をする予定(エントリーが無事完了すれば)です。
スペイン予備知識を、とこちらのblogにお邪魔しました。
まだ全部読みきってないのですが、どうぞよろしく。

2010/04/25 7:47 AM by かじろう
>かじろうさん

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

5月の終わりですか!
ベストシーズンですね。観光客は狙われやすいので、くれぐれもお気をつけて、楽しいご旅行になることを願っています。

お役に立てるかわかりませんが、ご質問等ありましたら遠慮なくご連絡くださいね。

こちらこそよろしくお願いします。
2010/04/25 3:08 PM by migu
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/1325621
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--