MIGUのスペインまったり生活回想記

<< ショップリニューアルのお知らせ | TOP | スペイン人の視点で紹介された日本(東京) >>
Mirame!
 
 日本人と会話をする時、どれくらい相手の目を見ているだろうか。

 

「私はしっかり目を見ている方だ」と思っている人でも、視線が口元に行ったり、手元に行ったり、時々はずしているのが普通ではないだろうか。



 


スペイン人は、しっかり相手の目を見て話す。聞くときも同じ。



それが礼儀。



視線が外れることがほとんどない。



 


スペイン人と話す時は目を見る癖がすっかり付いてしまった私だが、最初の頃は意識してそうするようにしていた。


そして、スペイン人の大きな目に吸い込まれそうになりながら話を聞いていると・・・



あ〜この人の目、すごく綺麗!



 とか



長い睫毛やなぁ〜



 とついつい見惚れ、



 スペイン語はバックミュージックのようになり、



 

突然


¿Entiendes?” (わかった?)



 と聞かれ、我に返り、



 “Ahhh,perdon. Otra ves, por favor.” (あぁぁぁ、ごめん。もう一度お願い。)



 なんてこともあった(笑)



 



朝の挨拶。スペイン人の場合、“Buenos dias.”と言うときは、必ず相手の顔を見ていると思う。


例外は、エレベーター等で、隣人と居合わせた時くらいだろう。それでも、チラッとくらいは顔を見るかもしれない。




日本人はどうだろう。

友達相手だと、お辞儀をせずに顔を見て「おはよう」と言う事も多いが、上司の顔をまじまじと見て、もしくは微笑んで「おはようございます」と言う事はないと思う。そもそも日本人の場合、2文字目の「は」以降は、頭を下げているので、必然的に眼をあわすことが一瞬になる。



眼を合わせないのは日本人男性に特に多い気がする。こちらが何かを報告したり、逆に指示されたりするとき、時にはこちらが質問しているときでさえ、パソコンや書類など、別の方向を見ている人が多い。そういうことが気になるようになったのも、スペインに滞在した後だからかもしれない。時々、忙しいから話さないでほしいのかなとか、何か悪いこと言ったかな、とか考えすぎて疲れることもある。無表情で、考えていることが本当にわからないと思うこともある。何も特上スマイルで返答してくれと言っているのではないのに・・・。確かに、日本では目をじっと見ることは失礼になるという考えがあるけれど、全く見ないって言うのも失礼な気がするのは私だけなのだろうか。



 

ダンナは、日本人の目を見て話してはいけないと思っているようで、あさっての方向を向いて返事をすることが時々ある。慣れてないことをするものだから、極端に視線を外すその行為がわざとらしい。横で見ている私の方が不愉快になるので、「日本人でも目を見て話す人もいるのだから、そんなことしなくていい」と言ったのだが、初対面の日本人をあまり見ないようにする癖が付いてしまったのかもしれない。私の逆になってしまった。



 


 いつも目を見て話すスペイン人。



 それをどうしても辞めてほしい時がある。



 

車の運転中だ。



 

後部座席から話しかけると、わざわざ後ろを向く人がいる。



 「お願いだから、前見て〜!!と叫びたくなる。



 振り向くことはなくても、バックミラーで顔を見てくる。



 (だから、それも危ないって・・・)



 助手席で話しかけると、横を向く。



 


車はオートマではなく、ミッション。



 

そして、飛ばす・・・。



 
スペイン人の車に乗るときは、なるだけ話しかけないようにしている。



 



 

16:41 | スペイン人 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
それ、分かります!!
とにかくスペイン人と話していると、時々見つめられている〜と思う瞬間ってありますよね。
あと、スペイン人は距離をつめてきます(笑)
顔があまり近くなるとさり気なく距離を置くのですが、相手もそこで一歩近寄ってくるような・・・。

あと、日本に帰ると相手が自分を見ないというのも感じます。
もちろん時々は見るのですが、できるだけ見ないようにしているような感覚がありますよね。
MIGUさんがおっしゃるように、特に多くの男性にそういう傾向があります。シャイなのでしょうか??

文化の違いもありますが、日本は社交性を育てるような教育が少ないのかも知れませんね。
そういう相手に時間を割いたり、相手の話をしっかり聞いたり・・・っていうコミュニケーションの大切さが、やはりスペイン程ではないんだと思います。
(ま、スペインの時間の割き方は異常だと思うこともありますが・笑。難しいですね。)
2010/03/25 4:07 PM by Haruki
>Harukiさん

>顔があまり近くなるとさり気なく距離を置くのですが、相手もそこで一歩近寄ってくるような・・・。

そうそう!こっちがほんの少し後ずさりすると、次の一言でまた接近して来ますよね(笑)!

日本人が目を見ないのは、恥ずかしい、照れくさいの他、直接目を見ると相手に威圧感を与えてしまうからという理由もあるみたいです。
じーっと見つめるのは、無礼だという意見もあったりして(まさにスペイン人ですね。)

社交性を育てるような教育・・・うーん、ないですよね。最近はネットやゲーム社会で、ますますコミュニケーションとは逆の方向に行ってますものね。
私、だらだら会話するのはあまり好きじゃないんですけど、知らない人(お店の人とか)と話すのは結構好きなんです。関西人気質(スペイン人気質)ですかね?
スペイン人と日本人の間くらいがいいですね(笑)
2010/03/26 1:44 AM by
お久しぶりです!
欧米文化圏で生活した人がそのことでちょっとご苦労なさるみたいですね
日本には少し前まで「伏し目美人」なんて、ちょっと下を向いたまなざしが女性の美のひとつであるように言われたこともあると思いますが、確かに…我社にも仕事の話をしているのにあさっての方向を見るオヤジがいます!!
時々ぶん殴りたくなるんですが、一応職場ですからね…(^^;

私は養母の影響で目を見て話す意識づけをしてしまうので、自分の子にもそういうことを言いますね
こんな私でも欧米のコミュニケーションには色々面喰ったりすることがたくさんあるでしょうね…
2010/03/30 12:50 AM by soleil
>soleilさん

ご無沙汰しております。
「伏し目美人!」私には無縁の言葉かも(笑)
でも確かに、お見合いの席での和服の女性を想像すると、出てくるイメージは「伏し目」ですね!
そういえば、皇族の女性の方々も話すときは伏し目ですよね。
2010/03/31 12:50 AM by migu
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/1325618
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--