MIGUのスペインまったり生活回想記

<< GUARRILLOの謎解き | TOP | Nochevieja >>
近くのスペイン?
8月に中国・上海に行った。

ダンナにとって初めての中国。私は10年以上ぶり。
観光地よりも、中国と言う国、中国人の生活を見たいというのが私達の旅の目的。


駐在員家族である友人宅に一旦荷物を置き、私達家族だけで近くのCarrefour(カルフール)へ。

4時か5時ごろ。まったりとした昼下がり。人通りも少なく、車も少ない。無意識のうちに信号無視していた。勿論左右は確認して。


スペインでは、赤信号であっても車が通ってなければみんな渡る。逆に、信号のない横断歩道では、日本以上に車は止まってくれる。つまり日本は何よりも規律を重視する国なのだろう。


なんか変な感じ。

始めてきた場所なのに、前から生活していたような気分にさせられる。

(なんで?)



バスの中からも気付いていたが、マンションの構造が日本よりスペインに似ている。

古い中層の住宅でさえ、窓の外側に干された洗濯物が通りから丸見え、というところがこれまた似ている。

歩道が埃っぽいところも・・・

歩道がボコボコしてるところも・・・

(同じやん!)


そして、ダンナが気付く。

「歩道の柄がマラガと同じや!」

上海・歩道に注目



さすがに中心街は人も多かったが、それでも、上海人は日本人のように“せわしなく”歩いていない。

暑い時期とあって、服装もだらーんとした感じ。日本のように、夏に長袖を着ている人を見ない。

(この『まったり』加減がなんとも言えんなぁ〜)



路上に“quiosco(キオスコ)”と同じ売店がある。quioscoというのは、新聞、雑誌に始まり、お菓子飲み物、テレカ等を売っている売店で、日本の駅にあるKIOSK(キヨスク)のようなものだが、その形が、スペインと同じ!3面鏡のような感じで、扉を開けると店になる。


上海・バスの中から


レストランも、大勢でわいわいと賑やかな所が同じ。声も大きい。

トイレに行くと、ティッシュペーパーを捨てるゴミ箱が置いてある!

マラガも上海も、新しい建物では水圧も良くなっていて流しても問題はないが、古い建物のトイレでは詰まってしまう。

すっかり忘れていたトイレ事情を思い出した。




私は同じ東洋人だけど、ダンナは西洋人だから目立つと言えば目立つ。

友人が、「こっちの人って、あからさまに見るねん。」

(なんや、マラガの人とおなじやん!)



そして、友人宅にお世話になりながら、かつての我が家に戻ってきたような気がしたのは、lavabo(洗面台)が、スペインメーカーのものだったからかもしれない。

トイレの、水を流すレバーも同じスタイル。

友人曰く、中国人はヨーロッパにあこがれている人が多く、欧風の内装にする人が多いらしい。勿論、その界隈が、駐在員等の外国人や、お金持ちの中国人の住む地域だからということもある。だが、そもそも中国人は日本人のように床に座らず、椅子生活なのだ。女性の足が長くて綺麗。スタイルも姿勢もいい。




買い物に行くと、ダンナが「中国人は触る!」と嬉しそうに言う。

「触る?」

店員が、話しながら二の腕をつかんだりしたらしい。ダンナは、日本人には触れてはいけないと思っているらしく、日々気を使っているようなのだ。いけないということはないけれど、実際そうだし、最近その傾向は特に強いように思う。

前にも書いたが、スペイン人は触りまくる人種なので、この自然な動作が抑制されるとストレスも溜まるのではないだろうか。

ダンナは、仕事の同僚に教えてもらった片言の中国語を駆使しながら、がんがん値切り、とても楽しそうだった。
唯一『扉のないトイレ』と『車道は常時右折、左折可』というところが、旦那にはかなりのカルチャーショックだったようだ。



2時間半で行ける近い国だけれど、なぜか遠くの国、スペインを思い出させる国だった。

本当のことを言うと、私はこの夏はスペインに行きたくてたまらなかったのだけれど、上海に行って、半分スペインに行ったような錯覚もあり、結果とても楽しい旅行だった。



こちらは杭州。上海から中国版新幹線で約1時間半。

杭州

杭州・西湖



(つぶやき)

私だけが知らなかったのかもしれませんが、googleリーダーはとても便利です♪チェックしたいブログを登録しておくと、更新されたかどうかが一目でわかりますよ〜!!今まで、都度クリックしていた私。まだまだネットを使いこなせていません。他おすすめ機能等ありましたら、教えてくださいね〜!

00:12 | 日々 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
この空気の湿り具合がいいですねぇ
最後の写真…某天神さんの池は借景したのかな!?って思うほどよく似ていました
そういえば中国もある地域から南はタイル使いとか多そうですね!!

なるほど、挨拶もbesoですもんね
日本人どうしじゃ考えられない挨拶ですが、こう距離をおく国民性じゃ確かに…

台湾旅行は計画しているんですが、こちらもいいですね!!よい旅行だったようでなによりです
2009/12/05 5:52 PM by soleil
職場に最近上海に行った人がいて、「ヨーロッパっぽい」と言っていました。それを聞いたときには、「中国に行ってヨーロッパを感じでもな〜、やっぱ行くなら北京かな〜」と、全然乗り気ではなかったのですが、そのヨーロッパがスペインだったなんて!がぜん行きたくなりました(笑)。まだスペインにも行ったことないんですけどね。
2009/12/06 11:45 AM by Timo
読んでいて楽しかったです〜♪
そうですか、そんなにスペインに似ているのですね!
私は一度もスペインに行った事がないので分かりませんが、
一度行ってみたいんですよー!(スペイン)
楽しそう!

ええ、中国は日本との方が距離が近いのに、感覚的には
欧米の方にちょっと似ていると思います。やはり大陸だからでしょうか?
留学中も見ていると、欧米人の方が中国になじんで暮らしていたように思います。
2009/12/06 9:24 PM by こたん
>soleilさん

湿り具合・・・すごいです。
実は、写真からは想像できないほど、湿度がすごくて、少し歩いただけで汗がじわーっと。私は、普段ほとんど汗をかかない体質なんですが、なんとかして!と叫びたいくらい。
蓮がとてもいい感じなのですが、季節的に8月はあまりお勧めできませんね。日本人観光客もほとんど見なかったです。



>Timoさん

私と同じように感じた人がいらっしゃったのですね!
中国も広いから、地域によって人々の性格が違うでしょうね。北京にも行ってみたいです♪
そういや、スペイン行きの計画は、ストップしたままですか?



>こたんさん

スペインにも、いつか是非行ってください♪
関西人には、特に楽しいと所だと思います。ノリが似ているみたいです(笑)

そういや、スペイン留学中にとても仲良くしていた中国人の友達がいたのですが、彼女の性格が「大陸的だな〜日本人とは違う!」と感じました。




2009/12/08 12:09 AM by MIGU
大陸的…そうですね、私の飲み仲間に中国留学経験のある子がいますが、やっぱりどこかそういう雰囲気をまとっているんです
うまく言えないのですが・・・

そう、発声はしんどいのですが毎朝通勤時にヘルメットの中でブツブツと「舟歌」口ずさんでるんです(苦笑)アヤシイなぁ
2009/12/12 11:33 PM by soleil
>soleilさん

そうですね。私も、「具体的に何が?」と言われると説明できないのですが(笑)

ヘルメットの中でですか?
何事も、そういう日々の積み重ねが大事ですよね!
2009/12/13 5:38 PM by MIGU
中国の人と一緒に働いたことはあるけれども
中国にはまだ行ったことないのです。
そっかー、スペインっぽいのか。
もちろんスペインにもまだ行ったことはありませんが
もし、今度スペインの人とお知り合いになる機会があったら
がんがん触ってもらおうと思います(笑)
2009/12/17 10:04 PM by えめみ
>えめみさん
触ってもらって下さい♪いや、触ってあげてください(笑)
きっとすぐに親しくなれると思います!
2009/12/17 11:55 PM by MIGU
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/1304471
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--