MIGUのスペインまったり生活回想記

<< NORIA(観覧車) | TOP | Espaguetiの思い出 >>
パニュエロ
スペイン語で、世間は狭いね、という言い回しがある。

El mundo es un pañuelo.

世間はpañuelo(ハンカチ)のように小さいということだ。



1ヶ月ほど前、アルゼンチンタンゴのコンサートを見に行った。

タンゴを習っている友人を誘うと、ダンサーの女性(Rさん)は個人レッスンを受けている先生だと言う。(あいにく友人は行けなかったが)

コンサートへ行くと、同じマンションのおばさん(Mさん)に会った。マイ母の知り合いでもあるし、私も会えば話をする。何しろ、娘さんは今マドリッドにいる。(ダンナは同じくスペイン人)


コンサート終了後、会場の外で出演者の方々と話す機会があった。

Mさんがふと、「○○(娘さんの名前)ってご存知ですか?」と聞くと、

Rさん「ええ、アルゼンチンで一緒だったんです。」

Mさん「実は、私の娘なんです。」

Rさん「えーーーーっ!!」



私 → Mさん → Mさん娘 → Rさん → 私の友達 → 私

5人で繋がってるやん!



付け加えると、Mさんの息子は、私の高校時代のクラスメートだったりもする。

そして、Mさんの甥っ子は、小学校のクラスメート。

そして、そして、Mさんの父親は、マイ母が若かりし頃通っていた社交ダンスの先生。



最近よくあるなぁ。


・ショップのお客様が、友人と知り合い。

・ダンナの仕事上の知り合いと、マラガに住んでいる私の友人同士が知り合い。

・ダンナの知り合いと、私の友達(関東在住)が友達同士。


他にもまだある。

スペイン語や、フラメンコなど、限られた世界なのでよくあることなのかもしれない。




またまた、1ヶ月ほど前?

ダンナが帰宅するなり

“Qué escribes sobre mi y mi familia en tu blog?!”
(君はいったいブログに、僕や家族の何を書いてるんや!?)

と真顔で言うので、

「えーっと、えーっと、何って、別に何も悪いことは書いてないけど・・・(汗)」

(げっ、何で知ってんの!!)


「今日、仕事で、『奥さんのブログ読んでます。面白いわ〜(クックックッ)』と言われたんや!」


「あぁ、そう。うれし♪」(笑顔が引きつる)


ダンナは、日本語が読めない。(ダンナの名誉のために、ほとんど読めないということにしておこう。)

だからと言って、ブログで悪口を書いているつもりはない。

そんなもの、誰だって読みたくもないし、誰も興味ないはず。



少しは内容を聞いたらしいが、まだまだ何かあるのではないかと疑いの目。

いずれこうなることは予想していた。

だから、ショップで販売していたオリーブオイルとショップカードを渡すと言った時に、「ショップカードはやめとけば」って言ったのに!



その、私のブログの愛読者(?)はHIROCOさんという。

泣く子も黙る「タケモトピアノ」のCMを歌っている人なのだ!
(このCM関西だけなんでしょうか?)

HIROCOさんのことは、ちょくちょくダンナから聞いていた。

そして、今回の件があり、ダンナはやっとHIROCOさんのHPを教えてくれた。


もしや、と思い音楽をしている親友に聞いてみると、知り合いが、コンビを組んでいるギターの方と知り合いだとか。

また繋がってるやん!



世間は、ハンカチより狭いかも♪



>HIROCOさん
今度ぜひ、飲みに行きましょう♪
16:20 | スペイン語 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
私の相棒はブログを書いていることを知っているようですが、な〜んにも聞いてきませんね
だから私からも言いません(^^;

世間が狭いと感じるのは私もでして
3年前までスペイン語を教わっていたのは大学の後輩で、そのあと教わったのもやはり同じ大学の…
そして今の会社の上司は大学の先輩です(苦笑)
2009/08/04 11:30 PM by soleil
ピアノ売ってちょーだ〜い!のタケモトピアノ?(笑)
あれって財津さんが歌ってるんちゃうのー?そっちのほうが耳に残ってる。
あ、「もっと、もーっと。。。」は女性でしたね。(笑)

わたしの通う教室がかつてMIGUさんが通っていた教室だったんですよね。大阪といってもたくさんの教室があるのに、ビックリでした!!
2009/08/05 12:05 AM by みるきー
>soleilさん

旦那さん、実は読んでるかも(笑)
soleilさんのブログは、おいしそうなお料理と旦那さん&ボクちゃん3人のこと満載の素敵なブログだし、何も問題ないじゃないですか!

あー大学ってのもありますね!
従兄弟の結婚相手は、大学の後輩でした!
しかも、従兄弟は関西じゃないんです。
結婚式で、「後輩達に何期ですか?」と言われて、誤魔化しました(笑)



>みるきーさん

そう、それそれ!
ピアノ売ってちょーだいです(笑)
HIROCOさんのご活躍は、それだけではないのですが(笑)

そうでした!みるきーさんとも繋がりありますね♪


2009/08/06 12:06 AM by MIGU
私も、狭い世界の中の住人です。ホント最近、そう思います。
NYで知り合った友人が連れてきた人が、私が社内でしょっちゅうやり取りしている人の前の職場の後輩だったとか。他にも多々、、、。
「全くの他人でも、間に5人だか6人入ればたいてい繋がる」と聞いたことがありますが、本当にそんな感じです。
2009/08/08 9:54 AM by Timo
>Timoさん

Timoさんもそうなんですか!
あまりに良くあるので、最近初対面の人に会うたび、どこかで会ったことがあるんじゃないかという錯覚に陥ります。考えすぎですね(笑)
2009/08/11 11:09 PM by MIGU
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.migusto-jp.com/trackback/1234568
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--